| | |

2022-08-22

自分で決めて生きていく。

これは自分への戒めです。

 

・新しいことは大抵うまくいかない。

・失敗は当たり前 ただ失敗は最小回数で済むように予め調べておいたり、先人たちのアドバイスをうける。

・他人からのアドバイスがうまくいかなくても人にせいにしない。最終的に決めたのは自分

・モノ作りも人生も大事な部分は最終的に自分できめる。

 

人のせいにしない

もちろん詐欺のような行為を受ければを責めますが、自分からアドバイスを求めて、自分も同意して進めたことがうまくいかない場合の責任は、自分にあるわけです。

小さい頃から他人に決めてもらうことが多い人は、自分で決めることができない人間になってしまいます。

自責という思考が大事で、他責にして自分を正当化するのはめちゃくちゃかっこ悪いです。

 

失敗も大事

致命的な失敗はだめですが、小さい失敗はたくさんしておいた方が良いということに大人になってから気がつきました。

これは学校教育も悪いと思っていて、もっと失敗することが当たり前で失敗を少なくするにはどうすれば良いかという教育もしないとだめだと思っています。

自分でやってみて失敗した人間と、その方法ではうまくいかないよ とアドバイスを受けた人間では前者の方が同じ失敗を繰り返す回数は少ないと思いますし、なぜうまくいかないのかを詳しく理解できるのです。

 

極端な例ですが、

自分で決めて行動して失敗して勉強してを繰り返し成長していく人間と、人から言われて嫌々行動して、大事なことを他人の意見で決めて失敗して、人のせいにしてすぐ逃げる人間なら前者の方が良いに決まっています。

10年もすれば、ウ○コとケーキぐらいの差がつくでしょう。

過去にも同じようなことを書きましたが、再度自分への戒めの為に書いておきます。

2022.8.22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022-07-15

リアルスタンプで箔押し

開発中のリアルスタンプで箔押しをしてみました。

通常の刻印だと細かい部分を再現するために、温度や押す時間など微妙にコントロールする必要がありますが、リアルスタンプの場合はベタ押しですので出来栄えにあまり変化はありません。

 

失敗する場合は立体になっている深い部分に箔が付かない場合が稀にありますが、印鑑用のゴムパットを敷けば問題ございません。

強く押せば良いだけですので扱いやすいです。

動画で見てもらうのがわかりやすいと思います。

箔押し機の温度設定は115度です。

 

 

現在このリアルスタンプはヤフオク片隅で販売中ですが、大量生産できるような製造方法でないため価格は安くありません。

ただ刻印も箔押しも通常の刻印ではだせない再現が可能ですので、革小物などを販売されている方には商品のクオリティーが上がるアイテムとしておすすめです。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/sparky00806

 

↓名刺へ箔押ししたものです。左の2個は少し箔は付いていない部分があります。

紙の為、深く入らなかったことが原因のようです。

修正して押した3回目は綺麗に入っています。

名刺の紙だと紙が少し歪む問題が発生します。