| | |

2019-02-16

ズルい人間が嫌いという話 刻印 焼印とはまったく関係ない話

私の自己紹介にも書いてありますが、ズルい人間が嫌いです。
負のオーラ全開でその話をしたいと思います。

 

私は零細製造業出身なわけですが、まぁいろいろありました。
社長は何人も変わりM&Aなどもあり、いろんな経営者と社員を見てきました。

 

そんな中で勤めていて感じたことは、 自分だけがよければそれでよい いかに自分が楽をしていい思いをするか ということを考えている人間がいかに多いかということです。

 

私が思う理想の製造業は、日々技術を磨き、切磋琢磨して結果を出してそれが収入に反映されるというものです。
このような会社も世の中にはあると思うのですが、残念なことに私のいた会社は、いかに人の足を引っ張るか をがんばる人が多かったわけです。

 

私はこのような行為を何度も受けたわけですが、当然良い思いはしません。
嫌なことをされた ということで気分が悪くなるのはもちろんなのですが、そういう行為をする人間がいる ということにもショックを受けるわけです。

 

なぜ自分の実力を上げる努力をしないのだろうか?
なぜ人の足をひっぱるのだろうか?

 

答えはそういう人間は、 努力はしたくないがいい思いはしたい 人の上にも立ちたい そういうことなのです。

このような人は、たいそう立派ななことを言っていても行動がともわないのですぐに嘘がばれます。

私は言葉をあまり信じません。大事なのは行動です。

 

このようなことが社内で起こっている場合、優秀な経営者ならすぐ見抜きますが、残念な経営者はこびへつららう人間の味方をします。
裸の王様状態です。

結果、会社は没落していくわけです。

 

昨今の日本は格差社会で経営者側の収入はどんどん上がり、現場で汗水流して作業している社員はいつまでたっても潤いません。
(会社は株主のものではなく、社員のものだと思うのですが残念なことに法律上そうではありません。)

 

成果主義の導入 年収性(残業代こみ)など 法律の隙間をすり抜けてこのようなことが行われている会社も多いのですが、
製造業で成果主義って無理だと思うんですよ。完璧な評価体制なんて不可能です。
成果主義導入というのが、狡猾な人間を生む原因でもあると思っています。

 

このようなことがあり、私はサラリーマンが嫌になったわけですが、今は刻印製作と焼印製作で切磋琢磨できているわけです。
ネット上で同業他社さんのHPを見ると、どこも新しいサービスを更新しているわけです。
他店に嫌がらせするようなところもないと思います。(私はされたことがありません、)

 

で、ふと思ったわけです。
そうそう!俺がやりたかったのはこういうことなんだよ!
同業他社(ライバル)と正々堂々と戦うことなんだよ!っと

 

かなり遠回りした気がしますが、やっと自分の立ちたい土俵に立てた気がします。
あとは横綱を目指して日々精進したいと思います。

 

ほとんど愚痴みたいな記事になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

2019-01-26

刻印実験 なぜ綺麗に刻印が入らないのか? ダラっとしてしまう原因

お客様からいただく質問で

 

「現在もっている刻印が綺麗に入らないです。26engraveさんで製作しても同じようになってしまいますか?」

 

このような質問をたまにいただきます。

お話を詳しく聞くと原因はこれでないかと思ったので、説明させていただきます。

原因は刻印の立ち上がりの角度です。
(当店では30度になるように製作しております。)

 

ここになります。

ここの角度で刻印の入りが変わってきます。
どう変わるか実験してみましょう。

 

このようなものを製作しました。

製作方法は彫刻加工ではありませんが、精度はしっかりでております。

(ここの作りがいい加減ですとしっかりとしたデータが取れません。)

 

わかりやすく幅0.3㎜にしましたが、これ以下でも製作できますので誤解しないでください。
(加工できる最小サイズではありません。)

イメージではこのようになるわけです。

革の厚み1.5㎜

斜めの部分って刻印するとどうなるの?

こうなります。

Exif_JPEG_PICTURE

角度が大きい刻印ほど、ダラっとしているのがお分かりいただけると思います。

ダラっとする分、幅も太くなります。

 

 

ではこのようになった場合はどうなるでしょうか?
実際の刻印は細かい線と溝があつまってできている場合が多いわけです。

 

 

 

 

これで刻印すると予想通りですが、こうなりました。

今回使用した革の厚みは1.5㎜です。もっと薄ければ画像ほど角度による差はわかりにくいかもしれませんが、厚い場合はさらに顕著になります。

 

まとめ

角度が大きい刻印のデメリットですが

①刻印したところの周辺部分がボケて再現される。
②線が太く再現されてしまう。
③刻印が入りにくい。

このため、細かい部分の再現が綺麗にできないわけです。

 

角度が小さい刻印のメリットですが
①画像からもわかるように綺麗に再現することが可能です。
②角度も急なので、刻印が入りやすいです。

角度が小さい刻印はビシっと入り、角度が大きくなるとダラっとぼやけて再現されるわけです。

 

深く入りすぎてしまう場合は、力を加減すれば良いだけです。デメリットはほとんどないと思います。

強度的な問題ですが、刻印は上からの縦方向の力です。縦方向の力には強いです。真鍮製の刻印の場合はまったく問題ありません。

横からの衝撃には弱くなりますが、通常の使用で横から力が加わることはありません。

硬い場所に落としたら破損します。しかしこれは全ての角度の刻印にいえることです。

金属や木に刻印したりした場合も、もちろん傷つきます。

 

じゃあ角度は0度が一番いいのでは?という声が聞こえてきそうですが、0度での製作はいろいろ問題があり難しいわけです。
私は0度でラフな刻印は見たことがありますが、深く彫って微細な加工をしている0度の刻印をみたことがありません。

 

30度で刻印を製作するというのは、切削加工では角度の大きいものより難易度が上がります。
刃物が欠けやすい、切削量が増える等の問題があるわけです。

 

しかし画像から見ていただけるように刻印をした時の出来栄えにこれだけの差がでるわけです。今後も角度の仕様は変えず30度で製作したいと思います。

 

現在お持ちの刻印が綺麗には入らないという方は、一度刻印の角度を確認されてみてはいかがでしょうか?

少しでも参考になれば幸いです。