| | |

2019-04-22

彫金をやってみたくなったという話

前回のブログでテクノジーの進化についていけないと死ぬという話を書きましたが、その後彫刻のことについていろいろ調べていましたら手彫りの彫刻、いわゆる彫金というものをやってみたくなりました。

海外の方の動画ですが、こんなの作りたくないですか? 機械彫刻でつくれよ と言われそうですが

手彫りと機械彫刻両方できる人って少ないと思うんですよ。

道具の値段を調べたのですが、結構します。

最初は鏨(たがね)などは自作してやってみようと思います。

(すぐあきるかもしれないし・・・)

はまるようなら良い道具を揃えたいと思います。

 

いつかはこんな動画を上げられるようにがんばりたいと思います。

 

 

2019-04-06

機械彫刻の未来を考える。

当店のレザークラフト用の刻印は機械彫刻で製作しているのですが、今のところはこの加工方法が一番綺麗に正確に製作方法です。

(機械の精度や刃物、加工プログラム、製作者の腕で出来栄えは変わります。)

 

彫刻加工には他にも色々な種類があり、手彫り、機械彫刻、レーザー彫刻などがあります。

それぞれ特徴があり、まったく同じではないのですが、手彫り、機械彫刻は今や絶滅寸前な訳です。

 

理由は加工の難易度が高い事と、レーザー加工機の技術の進歩がすごい事です。

この世の中から仕事がなくなっていくのは、テクノロジーの進歩による影響が大きいのです。

 

俺は機械彫刻だけでがんばるぜ!レーザー加工になんか負けないぜ!

 

とがんばっていると間違いなく死にます。

歴史が教えてくれています。

 

人力車→機関車→電車

フィルムカメラ→デジカメ→スマホ

このように変化してくのです。

 

 

ちょっとここで時計を参考に彫刻の紹介です。

中心のXLARGEはレーザー加工、周りの小さい文字は金属性の刻印でプレス加工で打刻されています。この打刻印は彫刻加工を利用して製作されています。

XLARGEと浮き上がっているの部分は、プレス加工でエンボス加工という技法で作られています。彫刻加工とは少し違います。

 

このように身近なものに彫刻加工がされています。

レーザー加工機では機械彫刻では再現できない細部の再現が可能です。

ただ金属に彫刻できるレーザー加工機というのはかなり高額です。

(機械彫刻とレーザー加工機でそれぞれメリット、デメリットは違います。)

それでも導入は検討しなければならないかなっと考えている今日この頃です。

 

何も変えずに今のまま仕事をしているのは衰退しているのと同じです。

新しいことを初めていかないと先がないわけです。

 

(以前にも書きましたが、設備投資に失敗しても終わりなわけですが・・・)