| | |

未分類

2020-07-12

神は細部に宿る3 超細かい加工 

当店の刻印は細かい部分の再現性が売りです。

それでも限界はございます。今回はその限界を超えたお話になります。

 

前からやってみたかった加工なのですが、手間と時間がかかるため試しておりませんでした。

今回、お客様(I様)のどうしても再現させたいという熱意と私のこのデザインに髪を入れた刻印がみたい!という

2つの動機で製作してみました。

 

製作させていただいた刻印がこちら!

どうですか?かなり細かいでしょ?革に押したものを見た時は感動しました。

彫刻の最小幅0.05㎜以下だと思います。

 

ただこの微細加工は通常の刻印には向き、不向きがあります。

言葉ではうまく言えないのですが、抽象的な部分の再現には適していると思いますが、はっきりと再現させたい細かい部分は不向きです。

細かすぎて見えません(笑)

また時間と手間がかかるため費用がかなりかかります。

通常の刻印代 +7000円~ お見積り といったところです。

どうしてもという方はご相談ください。

この加工ができるところは国内でもそんなにないと思いますよ。

 

この素敵なデザインを描かれたI様ですが、こんな素敵な絵を描かれています。

https://www.instagram.com/kotoka_izumi/?igshid=9vw7p70dt8ft

 

私がおじさんだからかそれとも芸術に目覚めたかわかりませんが、綺麗な女性の絵はいいですね。

(多分おっさんだからだと思います・・・)

 

うまくできてうれしかったのでいっきにブログまで書きました。

今日はよく眠れそうです。おやすみなさい!

 

 

 

 

 

2020-05-19

人はいつ成長するのだろう。

当店の彫刻は機械彫刻というジャンルになります。

名前の通りで機械で材料を削って刻印を製作するのですが、この機械の精度を維持するためにメンテナンスはかかせません。

丁寧に大事に扱っているのですが、たまにトラブルが起きます。

 

作業をしようと思い電源をいれたのですが動きません・・・・

「まじか・・・時間ないのに!」

どこが悪いか自分で調べて直します。2時間ぐらいかけて復旧させました。

 

やっと機械が動き出し1時間ほど削ったところで異常停止しました・・・

思わず発狂しそうになりましたが、原因究明と再復旧を急ぎます。

 

機械彫刻というのは0.001㎜単位で制御しているので異常停止をするとほとんどの場合材料はおしゃかになります。

(おしゃかとは製造業の言葉で不良品を作るという意味です。)

 

材料はおしゃかにしたくないし、機械は早く復旧させたい色んなことをpetiam4の私の頭脳で考えます。

(最高動作周波数は3.4GHzです。)

で、そんな時に思ったんですよ。あ~~こういう時が大事なんだよな~っとトラブルが起きてもそこから逃げない、人に投げない、自分の頭で考える。

40歳を過ぎてさすがに、「お母さんやって!!」なんて言えないし・・・(笑)

 

結局そこから1時間ほどかけて再復旧して材料も無駄にせず数時間後、加工は無事に完了しました。

製作していたものは刻印ではなく、新商品のペンダントトップですのでお客様の商品には支障がでておりません。ご安心ください。

 

万が一同じトラブルが起きても次回はもっと早く対応できるでしょう。

こんなことを繰り返して人は成長するのだ。っと自分を納得させて機械の電源を落としました。