| | |

箔押し機

2022-07-15

リアルスタンプで箔押し

開発中のリアルスタンプで箔押しをしてみました。

通常の刻印だと細かい部分を再現するために、温度や押す時間など微妙にコントロールする必要がありますが、リアルスタンプの場合はベタ押しですので出来栄えにあまり変化はありません。

 

失敗する場合は立体になっている深い部分に箔が付かない場合が稀にありますが、印鑑用のゴムパットを敷けば問題ございません。

強く押せば良いだけですので扱いやすいです。

動画で見てもらうのがわかりやすいと思います。

箔押し機の温度設定は115度です。

 

 

現在このリアルスタンプはヤフオク片隅で販売中ですが、大量生産できるような製造方法でないため価格は安くありません。

ただ刻印も箔押しも通常の刻印ではだせない再現が可能ですので、革小物などを販売されている方には商品のクオリティーが上がるアイテムとしておすすめです。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/sparky00806

 

↓名刺へ箔押ししたものです。左の2個は少し箔は付いていない部分があります。

紙の為、深く入らなかったことが原因のようです。

修正して押した3回目は綺麗に入っています。

名刺の紙だと紙が少し歪む問題が発生します。

 

 

2022-06-20

箔押し機のすすめ

ブログでも何度か紹介させていただいてるこちらの箔押し機(ホットスタンプ)ですが、かなり万能です。

・ 革や厚紙への箔押しが可能

・ 温度調整をしての木や革への焼印が可能

※ハンドプレス機としての使用はできません。

15㎜×15㎜くらいの小さい版でしたら刻印もできます。

 

名刺への箔押しの動画です。↓

https://www.youtube.com/shorts/qXuBOwpTO2I

 

半田ゴテとパワーコントローラーではある程度の温度調整しかできず、温度も確認できません。

箔押し機は指定した温度で固定できるので、失敗が減ります。

記録を残しておけば次回に同じ条件で作業ができます。

 

円安になりましたが、amazonで価格も2万円台前半で販売されているので、作品の幅を広げたい方はぜひご検討ください。

刻印と一緒に購入をご検討の方は、お問い合わせいただければ対応させていただきます。

※箔押し機はamazonでご購入ください。

※細かいデザインは箔で潰れてしまうのでシンプルなデザインをおすすめいたします。

文字サイズも少しでも大きい方が良いです。