| | |

2022-01-02

2022年 あけましておめでとうございます! 年始の営業日について

あけましておめでとうございます!

昨年は、たいへんたくさんの方と繋がることができて良かったです。

コロナ禍ということもあり、大変なこともありましたがそのおかげで新しいことにも挑戦できました。

今年は自分の中でいくつか目標を立てましたので、それに向かって毎日少しずつでも前進していこう思っております。

本年も26engraveをどうぞよろしくお願いいたします。

 

年始の営業日

年末年始のお問合せがあり、記載しておらず申し訳ございませんでした。

メールの対応は年末年始は休みなく対応させていただきます。

製作の方は1月3日までに打ち合わせが完了すれば、6日には完成いたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

2021-12-25

陶芸用のスタンプ 粘土に刻印

粘土にスタンプできますか?

というお問合せを最近数件いただきましたが、粘土にスタンプは可能です。

 

私は少しだけ陶芸の心得があり、過去にこのようなものを製作していました。

(今はストップしております。)

https://komorebi-works.com/

 

粘土にスタンプすると、革より細部は再現されません。

細かい刻印を製作して捺してみましたが、ほとんど再現されないこともありました。

粘土も粗い土より肌理(きめ)の細かい粘土の方が向いていて、粘土の硬さも重要で硬すぎてだめ、柔らかすぎてもダメです。

とてもシンプルなデザインの刻印なら関係なくできますが、細かい形状を綺麗に捺したいとなると、この辺も大事になってきます。

 

私は最初の頃はゴム印で押していましたが、ゴム印だと柔らかいのと印面が浅く深く捺すことはできませんでした。

くっきりはっきり捺したい場合は、金属のスタンプの方が向いています。

 

今回ご注文いただいたお客様の刻印の画像をアップさせていただきます。

 

粘土に綺麗に捺せていますよね?

革への素押しした画像と比較してみてください。

 

少し大きなサイズでしたの持ち手も大き目なものを付属させていただきましたが、小ぶりなものでしたらもっと小さい持ち手の方が良いと思います。

大きなサイズになると、押す力が必要になり、粘土で製作した作品の形を崩す可能性もありますのでご注意ください

おすすめは小型のものでベタ部分が少ないデザインが良いかと思います。

 

S様この度はご注文いただきありがとうございました。

喜んでいただけて良かったです!

楽しい陶芸ライフをお過ごしください!